Translate

viernes, 25 de mayo de 2018

聖フィリッポ・ネリ司祭


今日の聖人(5月26日)

聖フィリッポ・ネリ司祭
1515年-1595年

 フィリッポは、イタリアのフィレンツェの信仰厚い家庭に生まれた。8歳のときに、ナポリの裕福なおじの養子となるが、清貧の生活にあこがれ、一切を捨てローマに行く。そこで16年間、貴族の家で家庭教師を務める。彼は祈りの人であり、明るく寛大で、その人柄は人びとを惹きつけ罪人を回心させたといわれる。
 特に、子どもたちのよき遊び相手、導き手であった。33歳のときに、病人の看護にあたる「聖三位一体信心会」を作り奉仕に努めた。その後司祭になる勉強を始め、36歳で司祭になる。信徒とともに祈り、対話し、読書や聖歌の合唱をした。これが後に「オラトリオ」(祈りの家)という修道会となった。この会は、聖職者の養成、青少年の教育、霊的指導、教会音楽に大きな貢献をした。
 ゲーテがフィリポのことを「ユーモアのある聖人」と言ったように、彼の生涯は、喜びを他の人に分け与えた生涯であった。
 「喜びに満ちた心は、悲しみに沈んだ心よりも、もっと容易に完全になる」(聖フィリッポ・ネリ)

カトリック教会の外には絶対に救いがありません     
この、ウエブサイトに、アクセスして下さい catholickyokai.com 

No hay comentarios:

Publicar un comentario

Nota: solo los miembros de este blog pueden publicar comentarios.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...