Translate

martes, 5 de junio de 2018

聖ノルベルト司教


今日の聖人(6月6日)

聖ノルベルト司教
 1080年-1134年

 ノルベルトは、ドイツのゲンネブの裕福な貴族の家に生まれ、若いころは皇帝ハインリッヒ5世のもとで、世の楽しみに浸る生活を送っていた。25歳のとき、馬に乗って郊外に出かけたところ、突然の激しい雷雨に打たれた。そのとき、「悪事をやめて、よいことをしなさい。平和を探し求めて、それに従いなさい」とのキリストの声を聞いたのである。その瞬間から彼は回心し、宮廷を去り、修道院に入った。
 1115年に司祭になると、説教師として宣教活動に従事するが、彼の過去を知る者は彼を信用せず、偽善者として告訴までした。しかし彼はそのことにも耐え、ついに、教皇からフランスのどこででも説教を自由にする許可を得て、当時に最も有名な説教家となった。
 1120年、プレモントレ修道会を創立した。その会は、聖体に対する尊敬と信心を広めることによって世の罪を贖うことを使命とした。その後、マグデブルクの大司教となり、生涯を神の道具としてささげたのである。
カトリック教会の外には絶対に救いがありません   

No hay comentarios:

Publicar un comentario

Nota: solo los miembros de este blog pueden publicar comentarios.