Translate

martes, 12 de junio de 2018

パドヴァの聖アントニオ

 
今日の聖人(6月13日)

パドヴァ(パドア)の聖アントニオ
1195年-1231年

 ポルトガルのリスボンに生まれた。15歳のときにアウグスチノ会に入り、司祭となったが、アフリカ宣教の望みを抱き、長上の許可を得てフランシスコ会に入る。殉教の覚悟でアフリカのモロッコに渡ったが、まもなく病気になり、帰国した。その後、フォル市郊外のモンテ・パオロで、修道司祭として生活した。あるとき、市の新司祭の祝賀会の席上、アントニオは長上から即座に演説を命じられ、よい話をした。これを機に説教家として彼の才能が認められた。イタリアやフランスを巡って福音を伝え、多くの人びとを回心に導いた。
 36歳の若さで亡くなり、その遺骸はパドバの聖堂に安置された。その墓で多くの奇跡が起こったといわれている。
 アントニオは、紛失物を捜すときの助け手、婚姻・花嫁の守護の聖人として知られている。
「毎日が、あたかも最初の日であるかのように思って行動しなさい。そして、あなたが始めた最初の日と同じ熱意をもって、常に行動しなさい」(聖アントニオ)
カトリック教会の外には絶対に救いがありません 
この、ウエブサイトに、アクセスして下さいcatholickyokai.com

No hay comentarios:

Publicar un comentario

Nota: solo los miembros de este blog pueden publicar comentarios.