Translate

domingo, 13 de mayo de 2018

聖ボニファティウス


聖ボニファティウスドイツ語: Bonifatius672年ウェセックス王国クレディントン(英語版) - 754年6月5日フリースラント)は、8世紀フランク王国キリスト教を伝えた宣教師殉教者である。
672年頃、ウェセックス王国クレディントン(英語版)(現イングランドデヴォン)にて、ウィンフリート (Winfrid または Wynfrith) として裕福で地位のある一家に生まれる。まだ若い時に、父の希望に反して修道士の道を選んだ。エクセター近くの Adescancastre 及びサウサンプトン西端のナースリング (Nursling) のベネディクト会修道院にてウィンバート (Winbert) 修道院長より神学を学ぶ。修道院付きの学校で教壇に立ち、30歳で神父となる。イングランドで最初のラテン語文法書を著した。

フリースラントへの最初の伝道

716年、ウィンフリートはフリースラントへ伝道に赴く。現地の言語(古フリジア語)が彼自身の母語であるアングロサクソン語と近いところから、現地語による説教を通してフリースラントの人々を改宗させることが目的であった。しかし、カール・マルテルとフリースラント王ラートボートとの間の戦争によりままならず、ナースリングへ戻った。

「トールのオーク」と北ゲルマン民族の改宗
718年、ウィンフリートはローマを訪れ、719年に教皇グレゴリウス2世より「善をなす人」を意味するボニファティウスの名を与えられ、ゲルマニアへの伝道と教会整備の任を与えられた。その後5年間、ボニファティウスはヘッセン、テューリンゲンおよびフリースラントにて任務にあたり、722年11月30日、ゲルマニア地域の司教に昇任された。
723年、ボニファティウスはガイスマー村(Geismar、現ヘッセン州北部のフリッツラー)にあったトールへ捧げられた聖なるオークを切り倒した。この際、預言者エリヤを念頭におき、もしこの木が「聖なる」ものであるならば自らに雷を落とせとトールに呼びかけたという。ボニファティウスの同時代人で、その最初の伝記記者となった聖ウィリボールドによれば、ボニファティウスがオークの古木を切り始めると、まるで奇跡のように突然大風が起こり、オークをなぎ倒したという。トールの雷がボニファティウスに落ちなかったのを見て、人々はキリスト教へと改宗した。ボニファティウスはこの地にこの木から礼拝堂を建て、現在ではここにフリッツラー司教座聖堂が建つ。
この後、ボニファティウスはリーメスの北、エーダー川を見下ろす小高い丘に位置するフランク王国の要塞基地ビュラブルクにゲルマニアで最初の司教区を設けた。トールのオークの伐採は、ゲルマニアのローマ帝国時代の国境の北部および西部におけるキリスト教化の始まりと一般にみなされている。 
カトリック教会の外には絶対に救いがありません      
 
 

No hay comentarios:

Publicar un comentario

Nota: solo los miembros de este blog pueden publicar comentarios.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...