Translate

sábado, 31 de marzo de 2018

復活祭

この、ウエブサイトに、アクセスして下さい catholickyokai.com 


復活祭は移動祝日であり、もともと太陰暦にしたがって決められた日であったため、年によって太陽暦での日付が変わる。グレゴリオ暦を用いる西方教会では、3月22日から4月25日の間のいずれかの日曜日、東方教会では、グレゴリオ暦の4月4日から5月8日の間のいずれかの日曜日に祝われる。


復活祭を祝う日付をいつにするかについては、古代に論争を経て、325年の第1ニカイア公会議で統一されるに至ったが、16世紀に


✞ 主イエス・キリストのご復活、おめでとうございます!

《日中のミサ聖祭》
・第1朗読 使徒10:34、37~43

・第2朗読 コロサイ3:1~4
 
・福音朗読 ヨハネ20:1~9
 
◆主イエス・キリストの復活の主日は、すべての主日の頂点であり、祝祭日中の祝祭日です。主のご復活こそ、私たちすべての者の信仰の源です。
◆第1朗読は、使徒言行録からです。
『預言者たちもみな、このイエスを信じる者はことごとく、その名によって罪の赦しが得られると、証言しています。』
⦿ローマ軍のイタリア隊の百人隊長、コルネリウスと対面した使徒聖ペトロは、救いが異邦人にも及ぶことを確信し、福音を証しする説教を行います。
⦿主イエスが神とともにあり、聖ペトロ自身が主の福音宣教から十字架上の死と復活までの証人であることを述べ、主が生者と死者の審判者であることを証しするように命じられたことを証言しています。
◆第2朗読は、コロサイの人々への手紙からです。
『この地上のものではなく、上にあるものに思いを馳せなさい。』
⦿使徒聖パウロは、キリスト者の新しい命、生き方について、世の中の事柄ではなく、復活されたキリストに思いを馳せ、天上の事柄に心を向けるように教えています。
⦿キリスト者の命であるキリストが再び来られた時、私たちが主イエス・キリストとともに栄光に輝くことを述べています。このことは、主が『その時、正しい者たちは父の国で太陽のように輝く。耳のある者は聞きなさい』と仰せられたことと一致しています。(マタイ13:43)
⦿栄光に輝く人々について、はるか昔の預言者ダニエルも「賢明な人、多くの者を義に導いた人々が星のように代々限りなく輝く」と預言しており、主が教えられた、畑(この世界)にある毒麦(悪人)の中にあっても善い麦(主のみ心にかなう人)として成長する人たちを指しています。(ダニエル12:3、マタイ13:37~39)
◆福音朗読は、ヨハネによる福音書からです。
『二人は、イエスが死者の中から必ず復活するという聖書の言葉を、まだ悟っていなかった。』
⦿朗読箇所は、主イエスが週の初めに復活されたことで、墓の中がからであることをマグダラのマリアが朝早くに発見した場面です。
⦿マリアは、からの墓を見て驚き、すぐに走って弟子のペトロとヨハネにそのことを告げます。ペトロとヨハネも走って墓まで行きますが、特に主に愛されていたヨハネはペトロを追い抜いて先に墓に到着します。
⦿二人は、からの墓で主の遺骸を包んでいた布切れ・亜麻衣が平らになっておらず、元の所で巻いたままになっているのを見て、主の復活の徴を信じましたが、主が復活された事実を完全に理解できたのは、主ご自身が彼らに現われた時でした。(ルカ24:34)



カトリック教会の外には絶対に救いがありません     

No hay comentarios:

Publicar un comentario

Nota: solo los miembros de este blog pueden publicar comentarios.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...