Translate

martes, 13 de febrero de 2018

灰の水曜日

  あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、あなたは土から取られたのだから。あなたは塵だから、塵に帰る。ー創世3:19

灰の水曜日はいのすいようび: Ash Wednesday西: Miércoles de Ceniza: Mercredi des Cendres: Aschermittwoch: Aswoensdag)は、キリスト教カトリック教会をはじめとする西方教会典礼暦年のうちの一日。四旬節の初日(復活祭の46日前)に当たる。

歴史

レントの初日である水曜日に、いつからどのようにして灰を使う儀式を行うことになったかはっきりしない。もともと教会から離れた人が戻る際の反省に灰を使っていたことはあり、これが4世紀にはレントと結びつけられていたが、これが灰の水曜日の起こりかとは断定できず、しかしこうした儀式は10世紀までには西ヨーロッパで広く行われていて(ただしまだローマでは行われていない)、1091年にはウルバン2世教皇がベネヴェント会議でローマ教会にも波及するようにして、しばらくして「Feria Quarta Cinerum」(灰の水曜日の儀式)と言われるようになった、という説をJohn W. Fentonは取っている。
   
カトリック教会の外には絶対に救いがありません

No hay comentarios:

Publicar un comentario

Nota: solo los miembros de este blog pueden publicar comentarios.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...