Translate

jueves, 7 de septiembre de 2017

聖母マリアの御誕生の祝日


聖母マリアの御誕生の祝日 
祝日 9月8日
 
 世間ではいろいろ知名の士の誕生が祝われるが、本来から言ってイエズスの御母聖マリアの御誕生日ほど祝すべく慶すべきはあるまい。彼女は天の元后であり、世の救い主の御母であり、全人類中罪の汚れなき唯一のお方であり、殉教者の元后と称せられるほど苦しまれたお方であり、恐らくまた過去のあらゆる名高き人々のそれを合わせたよりも多数の、教会、小聖堂、彫刻、絵画等の記念物を有し給うお方である。また人と生まれて聖マリアほどその名を呼び慕われ、誌に、音楽に説教に褒め讃えられるお方はない。
 彼女はイエズスの御母として救世の御事業に携わられた。イエズスは世の光であり、正義の太陽である。太陽は曙の中から生まれる。されば聖マリアは世の救いの曙と言えよう。
 我等はこの聖なるおとめの御生まれが紀元前何年であったか明らかには知らぬ。しかし、その御誕生は一切が不可思議であった。彼女の御両親はヨアキムとアンナであったが、共に年老いてしかも子種がなかった。彼等は幾年も根気よく、家の絶えぬよう子孫の与えられんことを天主に祈願をこめた。その祈祷はついに聴かれ玉のような女の子を恵まれた。その時の彼等の歓びはどのようであったろう!しかしもしその子マリアが比類なく清い霊魂の持ち主であり、天主に永遠の昔から救い主の御母と選ばれていたことを知ったら、彼等の歓びは更に更に大きく、親戚と声を合わせて「麗しかなマリア!汝には原罪の汚れもあらず」と讃歌を歌ったに相違ない。
 それはさておき長い間の念願叶って愛らしい娘を得たヨアキムとアンナは、感謝のあまり彼女を天主に献げて聖殿に奉仕させる事を誓った。彼等は共に聖王ダヴィドの裔だけあった、それほど敬虔の念に篤かったのである。そしてマリアが三歳に達すると、彼等は先の誓いを果たす為に、彼女を聖殿へ連れて行った。彼等は手放すに忍びぬ心をようように抑えて、我が子を神事奉仕のおとめ達の群れに加え、聖殿に起居させることとした。手放すに忍びぬというのは、マリアが普通の子供と違い、どこか聖い、どこか厳かな所を具えていたからである。彼女を見る者は誰しも自ずと愛を感ぜぬ訳にはゆかなかった。まして親ともなればなおさらのことである。けれどもヨアキムやアンナはその人情を天主の為犠牲として献げたのであった。
 マリアは聖殿に於いてすくすくと生い立ち、年齢の加わると共にその智慧もいや増した。そしてそれからヨゼフの許嫁となり、救い主の御母となり、御子と苦行を共にされた。彼女はイエズスが十字架にかかって死に給うを見、またその御復活に逢われた。後御自分も世を去られるや、霊魂肉身諸共天に迎えられ給うた。彼女は今、天の元后、恩寵の分配者、聖会及び全人類の母にして保護者と仰がれておいでになる。実際あの敬虔な両親ヨアキムとアンナがこれらの事の半分も知っていたならば、どんなに喜びに満ち溢れかつその愛子を尊敬されたことであろう!しかし我等はその一切を知っている。故に心から喜び躍ろう。「ああ天主の御母聖マリアよ、御身の御誕生は全世界を喜びと慰めもて充満せり。そは正義の太陽、我等の天主なるイエズス・キリストが御身より生まれ給いたればなり」これは本日聖会が祈る言葉である。
教訓
 聖マリアは救世主キリストの御母である。けれどもキリストは十字架上から彼女を全人類の御母と立て給うた。孝子は母の誕生日に口で慶祝を述べるばかりでなく、また愛情込めた贈り物をしてそれを現すものである。さて聖マリアは慈愛に富むこの上もない御母であるから、我等はその御誕生日の贈り物として、己のおもな欠点を直す決心を献げ、且つ、その決心を実行することに努めよう。
カトリック教会の外には絶対に救いがありません
 
この、ウエブサイトに、アクセスして下さい   
  
 

No hay comentarios:

Publicar un comentario

Nota: solo los miembros de este blog pueden publicar comentarios.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...